本の買取メリット~査定編~

お役立ちガイド

本の買取査定は時期と保存状態

no comment

よく本の買取をしてもらってます。買い取れませんと断りをされることもあります。その時に店員に聞いたのです。どうしたら高く査定してもえるかと。答えは、まず本の保存状態でした。漫画であれば、話題のもので保存状態がいいものです。連載のであれば、巻数が揃っていると尚更いいと聞きました。小説は、販売時期で決まるそうです。やはりベストセラーのものは、早々に買取に出すと査定は高くなるそうです。時期を逃すと在庫が増えるのがベストセラーの弱みだそうです。本の買取をしてもらおうと考えて購入はしないものの、読み終わったあとはやはり考えますよね。いくらでも、少しでも高くお願いしたいところですよね。なので、本の保存状態、初版販売時期、巻数、話題と揃っているのが一番かと思います。万が一、買取が不可の場合お願いすると引き取ってもらえるので遠慮なく言うといいと思います。

本の買取で高く査定なら複数店を周る

買い物をするとき、1円でも安い店を探すものです。後で実際に買ったところより1円でも安いところを見つけると悔しいものです。その悔しさを味あわないために足を使うのです。さすがにお金をかけてお店を探すようなことはありませんが、歩いていける範囲であれば行って確かめたいです。そして安いところに戻って購入します。本の買取をしてもらう時、できれば高い査定をしてもらいたいです。でもその価値が自分ではわかりません。それなら、実際にいろいろなお店に行くことです。まずは全国チェーンのところに行きます。そして、個人で行っているところ、専門書などであればそれに特化しているところなどに行ってみます。するとそれぞれにおいて提示価格が変わってくると思います。場合によっては数百円以上変わってくることもあります。歩く価値はあります。

古本の買取査定について

買取大手の場合、コミックや文庫など、種類によって一律料金であることがほとんどですが、小さな古本屋だと、結構細かい査定をしてくれる場合があるので、少しでも高く売りたいならば、そういったお店を知っておくのも大切です。店によって査定額に差がでやすいので、売るお店は前もって自分で選ぶことが重要だと思います。本の状態もすごく大事です。汚れや破れ、黄ばみ、タバコの匂いなどは査定額を下げる原因になってしまうので、購入した時から大事に取り扱っておくと良いと思います。本についている帯なども捨てずに挟んでおくと、大事に取り扱ってきた感がお店の人に伝わりやすくなるので捨てない方が良いです。また、発売されて日が浅いものは、お店も必ず売れるという確信があるからか、高値で買い取ってくれる場合が多いです。店ごとに買取強化商品を宣伝していると思うので、チェックしてから売りにいくのも、高く売るコツです。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)